WORLDSHIP

 「ワールドシップ」は、「多文化共生社会をつくること」を目的に、ポルトガル語、スペイン語、英語、タガログ語による生活相談、ネットワークづくり及び情報発信、お互いの文化・習慣を理解するためのイベントの企画、裁判支援、ボランティア養成講座講師などを行っています。

 第5回フレンドリーピックMatsunaga Carpe Diem

多文化共生がテーマの「まつながカープヂェー」
1万人を超える参加者で盛り上がる


 さる2月1日、2日と福山市西部市民センターで開催された「第5回フレンドリーピックまつながカープヂェー」への参加者が1万人を超え、大きな盛り上がりとなりました。
 松永は福山市における外国籍住民の集住地域。ブラジル、中国、韓国、ベトナム、タイ等さまざまな文化的背景を持った人たちが暮らしています。この文化的多様性をまちづくりの生かそうと、毎年このイベントを開催し、今年で5年目となります。

*詳しくはこちら多文化共生推進事業のページへ


 「多言語放送・地球市民」5周年記念シンポジウム開催

「多言語放送・地球市民」5周年記念シンポジウム
テーマ:「多文化共生と多言語放送の役割」


“多言語放送・地球市民”5周年を記念して、11月30日(土)13:30から16:00まで、「まなびの館 ローズコム」にて、「多文化共生と多言語放送の役割」をテーマとして、シンポジウムを開催します。

*詳しくはこちら多文化共生推進事業のページへ


 第4回フレンドリーピックMatsunaga Carpe Diem

大きく花開いた多文化共生の取り組み
第4回フレンドリーピックMatsunaga Carpe Diemに8800人参加


 1月26日、27日と2日間にわたって開催された「第4回フレンドリーピックまつながカープヂェー」は、これまでの積み重ねが大きく花開いた「多文化共生」をテーマとしたイベントになりました。

*詳しくはこちら多文化共生推進事業のページへ

 多文化共生理解、多文化共生センターマネジメント講座

 「多文化共生理解、多文化共生センターマネジメント講座」を開催します。この講座は、福山市立大学の先生方、福山市(人権推進課、松永生涯学習センター職員)とNPOが共同で実施するものです。来年度の「多文化共生センター」開設に向けて、「多文化共生理解」を深めるものです。参加申し込み受付中です。

*チラシ・報告はこちら多文化共生推進事業のページへ


多文化共生理解
多文化共生センターマネジメント講座

〜「多文化共生」についての理解を深め、「多文化共生センター」の役割を学ぼう〜

月日 講師 内容
第1回
11月17日
(土)
第1講座 福山市立大学 教育学部 児童教育学科 准教授
劉郷英さん
日本語教育と母国語教育の現状と課題
第2講座 可児市多文化共生センター 事務局長
各務 真弓さん
多文化共生センターの役割と活用
第2回
11月24日
(土)
第3講座 福山市立大学 教育学部 児童教育学科 教授
田渕五十生さん
福山市の定住外国人の現状と課題
第4講座 多言語センターFACIL 理事長
吉富志津代さん
NPOの多言語/多文化ビジネス
第3回
12月1日
(土)
第5講座 福山市立大学 都市経営学部 都市経営学科 教授
前山総一郎さん
まちづくりと共生の現在の問題と地域まちづくりセンター
第6講座 参加者の皆さんが主役です 講座の振り返りと、私たちの役割
参加者による意見交換/ワークショップ

前半の講座 13:00〜14:45
後半の講座 15:00〜17:00

【会場】
第1回(11月17日)・第3回(12月1日)
 福山市立大学小講義室E(当日は、西側の管理棟の防災センターからお入りください。)
 福山市港町2丁目19-1
 TEL:084-999-1111
第2回目(11月24日)
 福山市人権交流センター第1会議室(3階) ※場所が変更になりました
 福山市佐波町262-3
 TEL:084-951-5700

【対象】
多文化共生に関心のある市民
および学生の方々

【受講料】
無料

【主催】
福山市多文化共生の場づくり推進委員会

【申し込み/ 連絡先】
福山市役所人権推進課
 TEL:084-928-1006
 メール:jinken-suishin◆city.fukuyama.hiro (◆→@)
NPO法人e&g 研究所
 TEL:090-2002-8644
 メール:e-and-g◆mx41.tiki.ne.jp (◆→@)


 9/30(水)ベトナムまつり

 9月30日(日)、駅家コミュニティセンターにてベトナムまつりを開催しました。29日(土)には、ベトナム大使級総領事の講演も行われました。詳しくは、チラシを見てください。

*チラシはクリックすると拡大します。


 イオン・マガジンに紹介されました

イオン・グループの広報誌『イオン・マガジン』(2012年8月31日発行)に代表の村田民雄が紹介されました。多言語放送「地球市民」を中心に取り上げられています。

*クリックすると拡大します。


 可児市多文化共生センター視察報告

 公設民営のモデルケースといわれる岐阜県「可児市多文化共生センター(愛称:フレビア)」(http://www.ctk.ne.jp/~frevia/)へ6月28日(木)視察に行きました。

 その報告をこちらに掲載しています。
 http://ww41.tiki.ne.jp/~e-and-g/kokusai/tabunka.htm

※ふくやまベトナムの会の卜部ユンさんの視察研修報告はこちら(PDFファイル)

 「地球市民」4周年を祝い、これからの番組づくりも展望

 2008年3月スタートした「アミーゴ地球市民」が4周年を迎えました。これを記念して、3月29日、3名のDJが出演しての特別番組を放送しました。参加したDJは、ポルトガル語のミチコさん、中国語の櫻田さん、ベトナム語のユンさんです。まずは、それぞれの体験とリスナーからの反響の紹介を紹介しましたが、当日の様子は既にパーソナリティーの福場千秋さんのブログで紹介されていますので、それをご覧ください。
 そこで、番組後半にそれぞれのDJから発言のあった今後の番組づくりについて紹介します。

○ ベトナムのことをもっと知って欲しいので、ベトナムが身近に感じられる内容にしたい。
○ 次にまた聴きたいと思える内容にしたい。ガイドブックにないブラジルを紹介したい
○ 中華圏で活躍している人(スターなど)を紹介したい。


 また、かなりの数のリスナーが外国籍市民であるため、日本語とそれぞれの母語を半々ぐらいの割合で放送してほしいとの要望もありました。今後の番組づくりに生かしていきます。


ワールドシップ 〜外国人と共に生きるネットワーク〜
〒720-0812 広島県福山市霞町4丁目1-25
TEL 084-924-4435  FAX 084-924-4435
E-mail e-and-g@mx41.tiki.ne.jp(村田)