『人間の絵本』・『改心の時間』

   あなたの過去・現在・未来をご存知ですか?

本文へジャンプ



臨死体験後に夢で見せ続けられた
あの世の仕組みをイラスト入りで
紹介しています。


人間の絵本に紹介しきれなかった部分を追記しています。
 
人間とは、人間の魂は良し悪しを考える事が出来ます。
そして人間として肉体を与えられ、この世の生活を百年位送る、
と言う宿命を背負っています。
そしてこの世の肉体を持った人間としての生活の過ごし方、
良い事・悪い事・優しい思いやり・意地悪・功績・罪・等に依ってこの世の生活が終わると、その人に相応しい、と神様が決められた
『あの世の修業場』へ逝きます。其処ではどんな小さな罪でも
自分で積んできた罪は自分で消して行くと言う修業をさせられます
肉体を持ったこの世の生活は、百年位過ごします。そして
肉体を離れる時の状態で、あの世の業は三百年から四百年位だと
思われて下さい。
あの世は強烈な引力や磁石の世界です。
一度与えられた業場からは、その場所での業が終わるまで出られません。
人間は、『男から女へ』・『女から男へ』と七回の生まれ変わりをします。一回の生まれ変わりは三百から四百年位です。
男から女への生まれ変わりの一回目は、身体はごつごつした男で心は女に近く、二回目は、身体の骨格の荒々しさが無くなり普通の男で心は女に、三回目は、身体は優しい男で心は女、
四回目は女に近い様な男で心も女の様に優しい、五回目、六回目、と女に成る準備が出来て七回目に身体も心も女になります。
女から男へも同じ様に生まれ変わります。
その為、人間の生まれ変わりの途中の人達の中には、同性を好きに成る事も有ります。
人間として与えられた魂は、あちらこちらと生まれ変わり
から千年位生き続けます。
肉体を持った時の生活であの世の業場が決まります。
その業が終わると再生を許されます。しかし、必ず人間に再生するとは限りません。
殺人を犯した人は、ゴキブリに生まれ変わる事も有ります。
そして、人間に見つかれば殺され、又、ゴキブリに生まれると言う業が続きます。
又、犬や猫を飼って居る人も他人に迷惑な事、糞をさせても後処理もしないで平気な人は、蛆虫に再生される事も有ります。
自分のペットがした糞を蛆虫として生まれ変わり、分解して行くと言う業が続きます。
再生した人の生活で、未来の方向性が見えて来ます。
神様は人間に与えられた魂は、全ての人や、全ての物に『愛』と
『優しい思いやり』を、持つ様にと言う願いを期待されているのです。
今の世の中は神様の願いとは、程遠く人類をとても可愛く思われて居る
神様は人類の未来をとても案じて居ます。
最近、人間の目には見えない神様の怒りと悲しみを感じています。神々が案じられて居るのは、人々が一日も早く救われの道に入る事です。
神々様は集いの席
(神々の会議)で言われた事は『今は大宇の仕組みに乗って行かなければ人間は救われない。』と言われました。
大宇
(大宇宙の大元の神様)の仕組みとは、
『汚れた地球を綺麗にする。』という事です。
大宇が地球を綺麗に浄化されるという事は、今迄にない
大きな規模の嵐が地球上に起きる可能性が大だと思います。
最近神々の集いの席で言われた言葉が私の心に響きます.
『こ』(私の事)『き』(神様が何かをされる時)
『か』
(人類の事)は救えるのか?』と神々様はとても心配されています。
『人間の絵本』には肉体を持った人間の行いに寄って行くあの世の業場をイラスト入りで紹介しています。
『改心の時間』は心の持ち方を詳しく紹介しています。

一日も早くお読みに成られて救われの道に入られて下さいませ

本の制作中に多くの神々様の化身の御姿を携帯電話のカメラで写した写真を、ブログで「五次元からの仕組み 『人間の絵本』・『改心の時間』」と言うタイトルで紹介させて頂いています。


             著者  林 君江
             イラスト 竹内 久美子
             編集  林 康弘