超微細気泡発生器・気体溶解器・曝気装置
     
   

マイクロ・ナノバブル

(微細気泡micro bubble・
超微細気泡 nano-bubble)発生装置
製造メーカー

最終更新日 2014年5月12日

バブルタンク Bubbletank
   

Patent List
商標登録 登録第4598912号

特許取得 特許第3682286号
       特許第3822839号
       特許第3929472号
アメリカ(USA)・ 台湾(Taiwan)・韓国(Korea)
中国(China)・イギリス(Britain)etc.他 特許取得

   
                             
 
                               
   
         
           
       
   
           
       
マイクロナノバブルシャワー映像
(動画ですclick photograph。)

え!ハンカチでマイクロナノバブル発生
(動画です。click photograph)

 
BT-50マイクロナノバブル発生
(動画です。click photograph)

S.BT-50Wマイクロナノバブル発生
(動画です。click photograph)

                               

曝気の概念が変わる!

 
動画を再生するためには、それぞれの画像をクリックして下さい。
                           
                                                           
 
協力会社

会社案内・連絡先

イケダ式スカッパー製造元、製造、販売
 (有)イケダ商会
〒755-0808
山口県宇部市西平原4丁目10-30
TEL:(0836)31-5351
FAX:(0836)22-1166

 
池田好明社長(バブルタンク社長)は、漁船のいけすの底に取り付ける栓(船底スカッパー)など、船具をつくるイケダ商会が本業。規格のなかったスカッパーに、汎用性のあるものを開発し、全国シェア75%まで販路を拡大した実績がある。
     

(有)バブルタンク Bubbletank Co Ltd.
〒755-0808
山口県宇部市西平原4丁目10-30
10-30-4 Nisihirabara Ube Yamaguchi,JAPAN

TEL:(0836)36-8426
FAX:(0836)36-8427
TEL +81-836-36-8426 Please Call

E-mail:bubbletank@mx52.tiki.ne.jp

       
共同研究・協力関係企業・学校    
     


民間企業

@新光産業株式会社

A株式会社建設技術研究所

BRobotous Co.Ltd (Korea)  

官公庁・大学
山口大学 羽田野研究室


山口大学 今井研究室 No.1

海洋政策研究財団(アワビの養殖)

中央水産研究所(ニシキゴイの養殖)

)

           
       
           
                                         
                               
マイクロバブル・ナノバブルと通常の泡との違い
         
                                                                   
       
技術資料集
 
       
         
                   
      向心力によって負圧軸が形成されます。
負圧軸によって引き寄せられた液体が激しい旋回流とによってマイクロ・ナノバブル(マイクロ・ナノバブル)が発生します。
  BT50(マイクロ・ナノバブル発生装置)の流体移動の模式図を示します。                                            
                    噴出孔の形状を変化させることにより、所望の方向にマイクロバブル・ナノバブル(微細気泡・超微細気泡)流体を噴出させることが可能です。                  
                                                                             
   

液泡による気体溶解の高効率化について
〜気泡から液泡へ発想の転換〜
     
     

 

 

 

←液薄膜の

拡大写真

 

 

 

 

←液薄膜と気体の溶解原理
(イメージ図)

     
     


当社はマイクロ・ナノバブル(微細気泡・超微細気泡)によって、あらゆる液体の気体溶解効率化を追及してきました。バブルタンク社では、気泡から液泡(シャボン玉)にすることにより、液体を薄い膜にして気体を効率よく溶解する方法を開発しました。また、液体を薄膜にすることで、酸素の供給と不必要な気体を(窒素など)放散させます。養殖場などで省エネルギーで酸素を供給することが可能です。

                             
 

黒潮は日本の宝物になるか?
資源最貧国から資源生産国へ転換すべき!

エネルギー輸出国も夢ではない !

1秒の間に太陽から発生するエネルギー量は、地球の上に住んでいる68億人が100万年間使用するエネルギー量とほぼ等しい量です。太陽から光の速度で8分間も要する離れた地球の表面へ常に注がれます。
その光エネルギーは海水に72%吸収し蓄積されています。その蓄積により海水は海の底まで液体の状態を維持しています。
日本のKUROSIO海流は7.5km/hで世界では第2番目に速く、海面では大きなウェーブ (うねり) が形成されています。世界1番目はGulf stream(メキシコ湾流)海流です。
海中に蓄積されている太陽のエネルギーと、地球の重力エネルギーと、を合わせて大きなエネルギーを作り出す発電装置です。


Marine generating facility
米国特許取得(US7,759,813 B2 Jul.20,2010)
日本国特許取得 第4613649号

 
 

(特許情報は以下のページを参照してください。)
http://www.j-tokkyo.com/2006/F03B/JP2006-226274.shtml

             
  納入実績
官公庁・財団
海洋政策研究財団、中央水産研究所
大学(国内)
北海道大学、東北大学、山形大学、秋田大学、東京工大、京都大学、鳥取大学、岡山大学、広島大学、山口大学、愛媛大学、熊本大学 大学(海外)
嶺南大学(韓国)、上海交通大学(中国)
民間企業
建設技術研究所、日本国土開発、川崎重工、月島機械、桜川ポンプ、トヨタ自動車、クラボウ、ササクラ、三菱レイヨン、三井化学、神戸製鋼、出光興産、積水化学工業、日本トリム、セイコーエンタープライズ、新光産業、宇部工業、宇部テクノエンジ、シマダ、TBR(株)、東芝、日立、新日本技研(株) 他
             
 


受託研究実績
■山口大学工学部においてマイクロバブル共同研究 (有)バブルタンク
■経済産業省 平成13年度補正予算 即効型地域新生コンソーシアム受託研究採択
■文部科学省 平成14年度 可能性試験受託研究採択
■経済産業省 平成15年度 地域新生コンソーシアム 受託研究採択
■経済産業省 平成18年度 産学連携新産業創造事業研究会採択

               
 


キーワード
ナノバブル・マイクロバブル・気体溶解・ガス交換・ガス置換・省エネルギー曝気、超マイクロバブル・ナノ微細気泡、超微細気泡微細気泡、省エネルギー曝気装置、高効率曝気装置、微細気泡発生装置・湖沼浄化
仕様用途
魚介類養殖・活魚・水耕栽培・浮上分離・水質浄化・底質改善・閉鎖水域水質改善・省エネ曝気 水資源・環境技術・高効率曝気装置・栽培漁業・生物酸化・蓄養漁業・汚濁物質除去 底質改善・下水処理・散気装置・水浄化システム・生物処理装置・気液反応・活魚水槽・湖沼浄化・ダム湖底質浄化・ダム湖・酸素供給・高濃度オゾン・オゾン処理・マイクロバブルオゾン・殺菌