会長あいさつ

山口県不動産鑑定士協会は平成24年4月1日から公益社団法人の認定を受け、「公益社団法人山口県不動産鑑定士協会」として新たな第一歩を歩み始めました。

これはひとえに関係する皆様方のご理解とご支援、さらには先輩諸氏の努力の積み重ねと共に全会員の努力の結果であると深く感謝申し上げます。

さて、当士協会は公益事業として、地価公示、地価調査、固定資産評価、国税評価等の公的評価業務のほか、年2回の不動産無料相談会、さらに「山口法律関連士業ネットワーク」の一員として、年1回の一斉共同相談会を開催するなど、公益活動を行っております。これ等の活動を通じて、適正な土地価格を提示し、均衡ある地価体系の構築に寄与しているものと考えております。

我々鑑定士も日々研鑚を重ね、更に鑑定士に対する社会的要請に応えるべく鋭意、努力を重ねてまいります。

公益団体の認定を受け、協会に対する社会的要請はますます多岐にわたるものと思われますが、土地基本法の理念に則り、誠実に日常業務に取り組みつつ、不動産の適正な価格の形成を通じ社会貢献に努めてまいる所存であります。

今後とも、当士協会に対し皆様方のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  

   平成 26年 6月  

                                    会 長  福島 久能