蒜山の基本情報は 風の家の施設案内です
名物新鮮野菜市の情報は 風の家までのアクセスは…
春に出荷される野菜は上の表のような感じですが、珍しいor分かりにくい物だけ抜粋してご紹介!
【葉わさび】(4月中旬~4月下旬)
葉わさびの食べ方としては、殆ど生のままで揉んだりお湯をかけたりして辛くしたものを、醤油などで漬けこんだ葉わさび漬けで食べます。
【ヘイトコ(千島笹、根曲がり竹等)(4月下旬~6月上旬)
竹(笹)の中でもアクの少ないものですから軽く火を通すだけでよいので、大きな竹の子よりも料理するのが楽です(ただし収穫してから時間があくと、アクが出てきますのでご注意ください)。
 
【コシアブラ(ボカの芽)(4月下旬)
山菜の女王とも、幻の山菜とも呼ばれるコシアブラ(蒜山ではボカの芽と呼ばれ、わりあい沢山取れます)です。
料理法としてはてんぷら(てんぷらは生のまま薄めの衣を付けて揚げ てください。)が美味しくたらの芽より少し、香りがよく、“う~ん山菜だぁ”と言う食味になります。
 
【こごみ】(4月下旬)
こごみはクサソテツ(シダ科の多年草)の、若い芽の部分になります。
こごみも、料理法としてはてんぷらや、胡麻和えなどが良いようです、アクが無く、若干のぬめりがあり独特の食感です。
ゆがしたものを包丁で叩いてぬめりを出したものを、醤油で和えても良いでしょう。
 
【タキナ(ドクダミ草)(5月上旬~6月中旬)
タキナは、水の流れる崖のようなところに生えている野草です。 あまり馴染みの無い野草ですが、蒜山では割合良く食べられます。
フキに似た茎を持っていますが、先のほうにギザギザの葉っぱが付いていますので、そこで見分けます皮はそのままで調理してください。
 
【オカヒジキ】(5月下旬~8月下旬)
オカヒジキは、もともとは海岸で取れる野草だったのですが、最近では栽培されるようになりました。
料理方法は、ほうれん草と同じで“シュウ酸”を多く含んでいるので、茹でてお浸しや、サラダでドレッシングやマヨネーズをかけて、召し上がってください。