松山アセットセミナー
 Q&A



 Q.複数人でレッスンを受けたいのですが申込時に全員の名前連絡先が必要ですか?

A.代表の方のお名前と電話番号だけで結構です


 Q.レッスン会場は近くの施設を選べますか?

A.任意の施設を選ぶことができます。ただし、混雑のためご希望の日程に合わせるのが むつかしいときがありますのでご希望の施設がある場合は余裕をもってお早めのお申込みを お願いします。


 Q.株式・ETFの世界には一度も触れたことがありません

A.全くの未経験者の方は変な先入観などを持たれてないと思いますのでかえって学びの 障害がないかもしれません。是非、レッスンにより基礎を学ぶことをおすすめします。 ちなみに独学はおすすめしません。非効率な学習となり、結局、 利益への回り道をしてしまう可能性が高くなります。


 Q.投資の世界は危険だから近寄るなといわれますが本当はどうなんでしょうか?

A.それはやり方次第です。たとえば普段私たちが使っている自動車ですが交通ルールも知らず、運転方 法も知らない者が使うと危険なものですが、我々はルールも学び、練習をして使うことにより安全にそして 利便性を享受しています。保険会社・銀行などは皆さんから預かったお金を使って株式・ETF運用を行い利益を 上げています。是非レッスンで運用手法を学び資産形成にチャレンジしてください。


 Q.テクニカル分析ってむつかしく無いでしょうか?

A.むつかしくありません。テクニカル分析とは、「株価の過去の値動きパターン等から将来の値動きを予想」 するということです。 経験則にもとずく分析ともいえ、基本を押さえることで投資効果が期待できます。


 Q.運用の学習をしなくても証券会社の営業マンのアドバイスを 受けて銘柄選択や投資タイミングの判断を行えば良いのではないでしょうか?

A.証券会社の職員は投資のアドバイスはできても投資の最終決定を行うことは 禁止されています。投資の最終決定は投資家本人が行うことが証券界のとりきめです。 投資家本人が運用の学習を行い営業マンのアドバイスの良否が判断できるくらいになることが 必要と思います。


 Q.テクニカルアナリスト、証券アナリスト、フィナンシャルプランナー の違いを教えてください

A.テクニカルアナリストは株価・経済が周期的に変動する点に着目し将来の株価などを判断します。 証券アナリストは経済の状況、企業の財務内容・商品の競争力などから 妥当な株価・将来の株価を判断します。フィナンシャルプランナーは個人の持つ金融資産の 投資配分や有利な投資先などによる運用を判断します。そういうカテゴリーで区分されます。 それぞれの資格の境界線は重複する部分があります。