今日よりの明日へと。親子三代住める町に―長崎県議会議員山本由夫のホームページ  
 長崎県議会議員


やまもと よしお
山本 由夫
 
   
トップページ      
プロフィール    
 県議会は「議決機関」又は「意思決定機関」と呼ばれ、議案等の審議を通じて県民の皆様が求める県政の基本的な方針を決めます。そして、知事をはじめとする「執行機関」は議会の決定に沿って仕事を進めることになります。
そこで、両者の関係は県政の両輪とも言われています。
 また、県議会は、執行機関が行った仕事が本当に県民の皆様のためになっているかどうかについてもチェックしています。
●  定数
 議員の定数は、県条例で46人と定められています。島原半島選出の議員は3市各2人の計6人です。
●  会議
 県議会の会議の種類には、本議会と委員会があります。
・本議会は年4回(概ね2・6・9・11月)の定例会と、特に必要がある時に開かれる臨時会の時に開催されます。

・委員会は、上記の定例会に加えて、必要に応じて随時開催されます。
●  本会議
 本会議は議員全員が参加し、議案の議決等、議会の意思を多数決で決定します。
●  委員会
・県の仕事は特に範囲が広く複雑なので、各議案の審査は議員が分野ごとに「総務」・「文教厚生」・「環境生活」・「農水経済」の4つの委員会に分かれて専門的に行います。
・各委員会が所管する県の部局は以下の通りです。
《総務委員会》
・総務部、企画振興部、文化観光国際部、危機管理監、警察本部、出納局、議会事務局、各種委員会
《文教厚生委員会》
・教育庁、福祉保健部、子ども政策局
《環境生活委員会》
・土木部、環境部、県民生活部、交通局
《農水経済委員会》
・産業労働部、水産部、農林部
・私は現在「環境生活委員会」に所属し、副委員長を務めています。
・委員会にはこの他、「予算決算委員会」、「議会運営委員会」や「離島・半島地域振興特別委員会」、「観光振興等対策特別委員会」、「総合交通対策特別委員会」、「九州新幹線西九州ルート整備特別委員会」があり、私は「予算決算委員会」と「総合交通対策特別委員会」に所属しています。
 ●  会派
・県議会には、政党や考え方を基に議会での活動を共にするために、会派が結成されています。
・会派には、「自由民主党・県民会議(20人)」、「自由民主党(13人)」、「改革21(7人)」、「公明党」(3人)」、「日本共産党(1人)」、「自由民権会議長崎(1人)」があり、私は「自由民主党・県民会議」に所属して活動しています。
(平成30年12月現在)
議会の仕組み    
県政報告    
発言集    
ブログ    
ご意見・ご要望    
リンク    
     
長崎県議会ホームページ    
長崎県ホームページ    
島原市議会ホームページ    
島原市ホームページ    
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

copyright ©2014PCBASE.CORP all rights reserved.